脱毛クリームは毛根から働きかけるので、肌荒れトラブルに注意しましょう

脱毛クリームはカミソリと違い、より毛根に近い部分からムダ毛を処理してくれるので肌がツルツルになります。

しかし、メリットもあればデメリットもあり、脱毛クリームはタンパク質でできているムダ毛を溶かして脱毛することから、かなり強い成分が含まれています。

肌に塗ってそのまま放置したり、より脱毛の効果を期待してクリームを塗りすぎたりすると、毛を溶かす成分であるアルカリ剤によって肌が炎症を起こしやすくなってしまいます。

また肌の弱い人は、通常の使用方法だけでも肌荒れを起こすリスクも。
したがって使用前にはパッチテストなどを行い、自分の肌に合うかどうかを確認することが重要です。
かぶれと皮膚アレルギー試験(パッチテスト) | ヘアカラーのホーユー(hoyu)

このように脱毛クリームを使う前にはお肌トラブルの確認が必要ですが、その分脱毛の効果は高いものがあります。
カミソリでムダ毛を処理する時よりも、毛根に近い深い部分からムダ毛を溶かしてしまうので、剃り残しでザラザラしたり、毛穴が目に見えて目立ったりはせず、完全にムダ毛が脱毛されたようなツルツルの肌になることができます。

カミソリのように毛穴を傷つけたり血が出るような処理の失敗もないし、お風呂でクリームを塗るだけで、後処理も手間が掛からず簡単に毛根から根こそぎ脱毛を行えることも脱毛クリームの大きなメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です